フォークオフセッター

///フォークオフセッター

左右で1セットです。
ストライダープロ用


お急ぎの方は、代引か、PayPalを選んで下さい。
左右1セット(ネジ類含む)


ストライダーPRO専用に設計していますが、鉄フレームにも使えると言うウワサ
フロントフォークにオフセットを持たす事で、直進安定と、カーブでハンドルが切れすぎるのを緩和します。
自転車がこけないのはホークにオフセットがあるからです。

カーボンハンドル、チャンプグリップ、ニードルベアリング、カスタムハンドルクランプとの併用で、ハンドル周りは完璧です。


重量110g(ネジ類含む)
WEST、ASG,RCS,RFC、CRC,レインボー,STC,LAGP,などほとんどのレースで使用できます。
使用不可レースは
本家、本国、エンジョイ、シーサイド、カブトガニ、
日本ランニングバイク連盟(JRBF)主催のレースは使用できません。

ノーマルストライダー(スチール)に取り付ける場合の注意点。
(本当はスチールに付けないでほしい。)
J1J2ST3は加工無しで取り付け出来ますが、ホイールの幅が狭くなって無理矢理入れるとハブのベアリングに負担がかかり回転が鈍くなる事があります。

J4はホーク先の幅が広いため、フォーク側か、オフセッター側を1㎜から2㎜削る必要があります。削らないとネジ穴が合わない場合があります。この際、ストライダーカップルールではフォークの加工は禁止しているため、見つかれば出場できません。ストライダーカップのルールをコピペした大会も多数ありますので気お付けて下さい。JRFC主催レースなど。

削った場所や拡げた穴はオフセッターが着いている状態なら隠せますが、ストライダーカップルールではオフセッターは使えませんので、加工部分が見える場合があります。

車検が無くても、意地悪な方が密告する場合もあります。過去に密告で表彰台の順位が変わった事もあります。

脱輪防止金具(ダブワッシャー)を引っ掛ける穴は、J4は楕円です。
オフセッターを取り付ける際M6のボルトを使用しますので、6ミリのドリル又はリーマーで広げ無いと行けません。この行為をフォークの加工と言われれば違反行為になります。

ネジ穴の位置を合わせて取り付けが出来た場合でも、J1J2ST3と同様ホーク幅が狭くなりますので、ホイールの回転に影響する場合があります。

前記はレースのルールに対して書きましたが、メーカーの品質保証上、加工は保証対象外になりますので、ご理解頂いた上でご使用ください。

本品はあくまでもPRO専用設計です。



6,500円

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索