スポークを間引きしない理由

理解できれば、速くなります。


ホイールを軽くすため、スポークを間引くはハブの回転に影響を与えます。

例えば5メートルぐらいのロープを輪にして、10人ぐらいで輪になってひっぱります。

次は4人でひっぱります。

四角くなりますよね。

隣の人とロープは直線になります。

じつは、金属のハブもスポークのひっぱりで変形しているのです。

少ないスポーク数で、軽いリムを支えるために、さらにテンション(張力)はあがります。

ますますベアリングを締め付け回転を鈍くします。

軽量ハブは強度も少ないので、簡単に変形します。

回転の良いホイールは、スポークの数や、ハブボディの強度も影響します。

Vやアビ、Kのボディはタフですよー。


軽量シングルウォールリムで、間引くと、リム側も変形してまん丸なホイールになりませんので、ちゃんとスポークを入れる方が、まん丸の良く転がるホイールが出来上がりますよ。

0円

在庫数 : 0

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索